ターンオーバーの乱れがかかとをカサカサにする

送料無料!30日以内であれば使用後でも返品・交換OKです。


シルクかかと保湿パック


かかとのガサガサをツルツルに!着けて寝るだけで、速攻レスキュー

6層に重ねたシートの保湿成分や遠赤成分による発汗+ラップ効果

シルクは吸放湿性も高く、長時間着けてもムレずに安心

ターンオーバーの乱れがかかとをカサカサにする

かかとのガサガサのことを角質と呼びます。

 

ガサガサしたままで靴下やストッキングをはくと
ひっかかってしまって気持ちが悪いですよね。

 

角質が出来る原因の第1は、
ターンオーバーの乱れである
と言われています。

 

角質はそもそも、お肌の水分が蒸発してしまわないように保湿を行ったり、
皮膚を守るという働きをしてくれるものです。

 

しかしお肌は常に生まれ変わろうとしており、お肌の奥深くでは新しい角質が生み出されて、
日々下から押し上げられている状態なんです。

 

通常では古くなった角質は垢として剥がれ落ちていきます。
この生まれ変わりがターンオーバーと呼ばれています。

 

新陳代謝という呼び方をする場合もあるようですね。

 

ターンオーバーや約1ヶ月程の周期で発生していますが、お肌が刺激を受けたり、
年齢を重ねていくことによって、少しずつ周期が長くなっていきます。

 

ターンオーバーの周期が長くなったり、
周期が乱れてしまうと何が起こるのでしょうか?

 

そうするとお肌にいつまでも角質が残されたままの状態になり、厚く、固くなり
カサカサの状態のカカトを生み出してしまう
のです。

 

ターンオーバーの乱れは水分不足でも起こるので、お風呂上りにしっかりクリームを塗り、
保湿効果のあるソックスなどを着用するようにしてケアするようにしましょう。